MENUCLOSE

ニュースNEWS

       

【サーフィン】酒井仙太郎選手が「Billabong Super Kids Challenge Shonan 2019」U-12クラスにて優勝!

 

7月7日、神奈川県藤沢市鵠沼海岸で開催された「Billabong Super Kids Challenge Shonan」において、チームセノビルメンバーの酒井仙太郎選手がGrommet(グロメット) U-12クラスに出場し優勝いたしました。

 


 

「Billabong Super Kids Challenge Shonan」は、世界中のサーファー達が愛用するブランド・Billabong(ビラボン)が子ども達の育成を考えるプログラムの一環として行っているイベントで、翌7/8から開催される、サーフィンやスケートボード、BMXなどのストリートカルチャーの国内最大級のイベント・QS1500「ムラサキ湘南オープン」の前哨戦としても大いに盛り上がりを見せました。

 

本大会は16歳以下を対象にした、未来のトッププロサーファーの登竜門とも言えるイベントで、”Cadet(カデット)”と呼ばれる16歳以下のクラスと”Grommet(グロメット)”と呼ばれる12歳以下のクラスの2プログラムで開催され、毎年国内のみならず海外からも多くの実力派サーファーが参加。

 

酒井選手はU-12のGrommetに出場。地元でもあり普段から慣れ親しんだ鵠沼海岸で、キレのあるターンを連発しトータルスコアで9.56ポイントを記録。2位の選手のトータルスコア・5.34ポイントに倍近い差を付け見事優勝を果たしました。おめでとうございます!

 

 

 

本イベントの模様はライブ中継で配信され、WSL(World Surf League)の公式YouTubeチャンネルにて大会ダイジェスト動画がアップされています。(酒井選手の登場は1:01頃)

 

 

 

サーフィンがオリンピックの正式種目として認定以降盛り上がりを見せるキッズ・サーフィン。

未来のトッププロサーファー達が繰り広げる熱い戦いを制した酒井仙太郎選手が、夏の本格的なシーズンに向けて更なる活躍を見せてくれるよう、Senobiruでは引き続き応援して参ります。

 

【関連リンク】

2019 Billabong Super Kids Challenge Shonan(大会公式サイト)

http://www.worldsurfleague.jp/2019/superkids/

 

 

PAGETOP