MENUCLOSE

専門家からのアドバイスADVICE

Trainer

「成長期にこそセノビルを」

元プロ野球トレーナー
石橋 秀幸

子どもの身体は、大人とは違います。

子どもは大人のミニチュアではない、という言い古された言葉もありますが、子どもの身体は、大人とは違います。

代謝系の働きも異なりますが、ここでは骨の発達に焦点を当てて考えてみましょう。

子どもの骨は柔らかく弱く、成長するにしたがって硬く強い骨になります。子どもの骨の大きな特徴として、骨端線(子どもにみられる、骨の端にある成長軟骨)があります。ここを中心に骨が大きくなっていきますが、骨端線は文字通り関節の近くにあり軟骨でできているので衝撃にとても弱いのです。

骨の主な成分はリン酸カルシウムなので、骨の形成にはカルシウム、リン、ビタミンDの摂取が必要です。ただ、骨はカルシウムだけの固まりではありません。骨はカルシウムだけでつくられているのではなく、カルシウムとタンパク質(コラーゲン)からできています。骨の形成にはカルシウムの摂取は必要ですが、カルシウムだけでなく、バランスのよい食事・栄養が必要になります。

身体の健やかな成長には、食事・栄養、中でもアミノ酸(アルギニン)がとても重要

骨は毎日少しずつ生まれ変わっていて、人間の骨が生まれ変わる周期は、成人で約3年間といわれています。こうした骨の新陳代謝は年齢に関係なく繰り返されますが、骨の発達とは、完全に骨化がすすみ、しっかりとした骨格をつくるようになるまでをいいます。

つまり成長期の子どもは、まだ骨化がすすんでいない、しっかりした骨格ができていないのです。

だからこそ骨の発達を含めた、身体の健やかな成長には、食事・栄養が必要で、中でも成長に必要なアミノ酸(アルギニン)がとても重要になるのです。

※サプリメントを使用するときは、サプリメントに頼るのではなく、有効に活用するという考えが重要です。そのためには、使用したいサプリメントの中身はどんな成分なのか、安全面で問題はないのかが大前提になります。DR.SENOBIRU(ドクターセノビル)は、成長に必要なアミノ酸(アルギニン)を1日に5000mg摂取することができます。これだけのアルギニンを摂取できるサプリメントは他にありません。製造過程でも徹底した品質管理をおこなっているので、安心して摂る事ができます。

Nutritionist

「バランスの良い食事とセノビル」

元プロ野球「オリックスバッファローズ」
管理栄養士 古賀 圭美(こが たまみ)

1日3食バランスのよい食事を心がけ、足りない部分の栄養は「DR.SENOBIRU」でサポートを

成長期の子供は、身体の成長のために大人と同じか、それ以上の栄養が必要になります。

さらにスポーツなどで身体を動かす機会が多くなると、そこで消耗したエネルギーやアミノ酸などを補うために、必要量以上の栄養を摂らなければならなくなります。しかし、一日3回の食事の中でその必要量を満たすことは容易ではありません。

もちろん食事だけで補えるのであれば問題ありませんが、難しい場合は「DR.SENOBIRU(ドクターセノビル)」のようなサプリメントの力を借りることもひとつの手段です。

「DR.SENOBIRU(ドクターセノビル)」はアルギニンが1日目安5,000mgと高配合されており、成長期のお子様やスポーツをするお子様にぴったりのサプリメントです。

アルギニンは、子供の体内では必要量を作り出すことが難しく、子供の場合は必須アミノ酸に位置付けられているアミノ酸です。食事などでしっかりと摂る必要がありますが、食事だけでこの量を賄うのはとても大変です。

しかし「DR.SENOBIRU(ドクターセノビル)」なら、一日2袋以上を飲むだけで成長期のお子様に必要な一日のアルギニン量をとても手軽にカバーすることができます。

また、「DR.SENOBIRU(ドクターセノビル)」はアルギニンの吸収効率を高めるオルニチンやシトルリンが配合されているのもポイント。

成長期は食事での基本的な栄養摂取が大前提ですので、「効果がありそうだから」と、安易に「カルシウム重視」や「栄養バランス重視」のサプリメントに手を出すのではなく、「DR.SENOBIRU(ドクターセノビル)」のように成長期の「伸びる力」に特化していて、アルギニンなどのアミノ酸の配合量が明記されたサプリメントを選ぶのが良いでしょう。

「ローマは一日にしてならず」ということわざの通り、ヒトの身体も一日では出来上がりません。サプリメントも日々継続することが大切です。

まずは、一日3食、バランスの良い食事を心がけ、食事だけでは賄えない部分は「DR.SENOBIRU(ドクターセノビル)」の力を借りて成長期の子供をサポートしましょう。

Doctor

「クリニックでセノビルを勧める理由」

東京神田整形外科クリニック
院長 田邊 雄(身長先生)

身長先生

今から70年前の日本人男性の平均身長は約160cmで、現在の平均身長より10cmほど低かったと言われています。

この70年の間に平均身長が伸びた要因には、睡眠・運動・食事といった生活習慣の改善がポイントとして挙げられますが、中でも食事事情の改善によって、成長に必要な栄養を多く摂取できるようになったことが一番大事な要素だと考えらえます。

成長するために重要な栄養素としてタンパク質が挙げられますが、タンパク質はアミノ酸によって構成されています。このアミノ酸の中でもアルギニンは準必須アミノ酸と言われ積極的に摂取することが望まれています。

アルギニンは体重50kgの方の場合、一日5000mgを摂取するのが望ましいですが、これを食事だけ摂取するのは大変です。そのため「DR.SENOBIRU(ドクターセノビル)」のような安心なサプリメントで摂取していただくのも良いと思います。

身長先生

「DR.SENOBIRU(ドクターセノビル)」はアンチ・ドーピング認証プログラムの「インフォームド・チョイス」を取得しており、オリンピック選手やトップアスリートも安心して飲むことができます。また、安全性試験を行った論文が薬物療法専門誌「新薬と臨牀」で紹介されていることからも、安全なサプリメントであると言えます。

また、発売から2400万袋以上販売され多くの方が愛用されているという点などを踏まえて、私のクリニックに来院された方にも安全・安心にアルギニンを摂取できるサプリメントとして「DR.SENOBIRU(ドクターセノビル)」をお勧めしています。

「DR.SENOBIRU(ドクターセノビル)」は、アルギニンの配合量がきちんと書かれています。1袋あたり2500mgのアルギニンが含まれているので、1日にどれだけの量を飲んだか確認しやすい。

また、クエン酸やアルギニンの働きを助長してくれるビタミンB6も含まれているなど、成長期に必要な栄養素をバランスよく含んでいる事も大きな特徴だと思います。

私は他のサプリメントもお子さまにおすすめしていた事がありますが、お子さまの場合、サプリメントはまずくて飲めないという方が多かったです。その点「DR.SENOBIRU(ドクターセノビル)」は非常においしく飲みやすい。アルギニンは継続して摂取することが大切ですので、毎日継続して飲みやすい、続けやすいというのはとても大事なポイントですね。

 

田邉雄さん(身長先生)プロフィール

田邉雄(たなべ・ゆう)

2020年8月、東京神田整形外科クリニックを開業。

一般整形外科をはじめ膝の再生医療と小児身長治療を専門としており、自身のYouTubeチャンネルでは「身長先生」の名義で身長を伸ばすための様々な情報を配信している。

Trainer

「背伸ばし体操」で身長アップ

姿勢トレーナー
「背伸ばし体操」考案者 清水 真

清水 真
「背伸ばし体操」は身体のバランスを整え、身長アップにつなげる体操法

正しい姿勢を保つということは、運動神経や身長をアップさせる上でとても重要です。

姿勢が悪くなる事によって、見た目の問題だけではなく、心身に様々な悪影響を及ぼします。

私が教えている背伸ばし体操は「姿勢を良くする」ためのストレッチ法です。姿勢のバランスを良くすることで筋肉や関節のバランスを整え、安定させる効果があります。

また、姿勢を良くし背骨を伸ばすことで神経の伝達がよくなり、身長アップさせる効果も期待できます。子どもはどうしても悪い姿勢になることで、背骨を縮めてしまいます。

「背伸ばし体操」は、体幹を鍛えることで姿勢のバランスを整え、身体の歪みを改善することができる体操法です。動画を参考にして、是非お試しください。

 

清水真さんプロフィール

清水真(しみず・まこと)

1973年北海道生まれ。

プロトレーナーとして水泳五輪選手・プロサッカー選手、プロ野球選手を指導する。
「姿勢」を整える事で、カラダとココロを健康にする体操法・呼吸法を開発。自身も30代になってから7cm身長を伸ばす。
現在は行政自治体の健康講座講師、学校での「姿勢と健康」講座講師、また企業やサークル等での「エクササイズ」で全国にて活動中。

 

PAGETOP