MENUCLOSE

専門家からのアドバイスADVICE

石橋 秀幸

Trainer

「成長期にこそセノビルを」

元プロ野球トレーナー
石橋 秀幸

石橋 秀幸
子どもの身体は、大人とは違います。

子どもは大人のミニチュアではない、という言い古された言葉もありますが、子どもの身体は、大人とは違います。

代謝系の働きも異なりますが、ここでは骨の発達に焦点を当てて考えてみましょう。

子どもの骨は柔らかく弱く、成長するにしたがって硬く強い骨になります。子どもの骨の大きな特徴として、骨端線(子どもにみられる、骨の端にある成長軟骨)があります。ここを中心に骨が大きくなっていきますが、骨端線は文字通り関節の近くにあり軟骨でできているので衝撃にとても弱いのです。

骨の主な成分はリン酸カルシウムなので、骨の形成にはカルシウム、リン、ビタミンDの摂取が必要です。ただ、骨はカルシウムだけの固まりではありません。骨はカルシウムだけでつくられているのではなく、カルシウムとタンパク質(コラーゲン)からできています。骨の形成にはカルシウムの摂取は必要ですが、カルシウムだけでなく、バランスのよい食事・栄養が必要になります。

石橋 秀幸
身体の健やかな成長には、食事・栄養、中でもアミノ酸(アルギニン)がとても重要

骨は毎日少しずつ生まれ変わっていて、人間の骨が生まれ変わる周期は、成人で約3年間といわれています。こうした骨の新陳代謝は年齢に関係なく繰り返されますが、骨の発達とは、完全に骨化がすすみ、しっかりとした骨格をつくるようになるまでをいいます。

つまり成長期の子どもは、まだ骨化がすすんでいない、しっかりした骨格ができていないのです。

だからこそ骨の発達を含めた、身体の健やかな成長には、食事・栄養が必要で、中でも成長に必要なアミノ酸(アルギニン)がとても重要になるのです。

※サプリメントを使用するときは、サプリメントに頼るのではなく、有効に活用するという考えが重要です。そのためには、使用したいサプリメントの中身はどんな成分なのか、安全面で問題はないのかが大前提になります。セノビルは、成長に必要なアミノ酸(アルギニン)が1日に5000mg摂取できます。これだけのアルギニンを摂取できるサプリメントは他にありません。製造過程でも徹底した品質管理をおこなっているので、安心して摂る事ができます。

古賀 圭美

Nutritionist

「バランスの良い食事とセノビル」

元プロ野球「オリックスバッファローズ」
管理栄養士 古賀 圭美(こが たまみ)

古賀 圭美

成長期の子供は、身体の成長のために大人と同じか、それ以上の栄養が必要になります。

さらにスポーツなどで身体を動かす機会が多くなると、そこで消耗したエネルギーやアミノ酸などを補うために、必要量以上の栄養を摂らなければならなくなります。しかし、一日3回の食事の中でその必要量を満たすことは容易ではありません。

もちろん食事だけで補えるのであれば問題ありませんが、難しい場合は「DR.SENOBIRU」のようなサプリメントの力を借りることもひとつの手段です。

「DR.SENOBIRU」はアルギニンが1日目安5,000mgと高配合されており、成長期のお子様やスポーツをするお子様にぴったりのサプリメントです。

アルギニンは、子供の体内では必要量を作り出すことが難しく、子供の場合は必須アミノ酸に位置付けられているアミノ酸です。食事などでしっかりと摂る必要がありますが、食事だけでこの量を賄うのはとても大変です。

しかし「DR.SENOBIRU」なら、一日2袋以上を飲むだけで成長期のお子様に必要な一日のアルギニン量をとても手軽にカバーすることができます。

古賀 圭美
身体の健やかな成長には、食事・栄養、中でもアミノ酸(アルギニン)がとても重要

また、「DR.SENOBIRU」はアルギニンの吸収効率を高めるオルニチンやシトルリンが配合されているのもポイント。

成長期は食事での基本的な栄養摂取が大前提ですので、「効果がありそうだから」と、安易に「カルシウム重視」や「栄養バランス重視」のサプリメントに手を出すのではなく、「DR.SENOBIRU」のように成長期の「伸びる力」に特化していて、アルギニンなどのアミノ酸の配合量が明記されたサプリメントを選ぶのが良いでしょう。

「ローマは一日にしてならず」ということわざの通り、ヒトの身体も一日では出来上がりません。サプリメントも日々継続することが大切です。

まずは、一日3食、バランスの良い食事を心がけ、食事だけでは賄えない部分は「DR.SENOBIRU」の力を借りて成長期の子供をサポートしましょう。

Receipe

セノビルおやつレシピ

グルテンフリー・ロースイーツ専門店
「MOR Happiness」代表 片山 みか

東京・吉祥寺にあるロースイーツ・グルテンフリーの焼き菓子専門店「MOR Happiness(モアハピネス)」代表の片山みかさんに、セノビル製品を使ったおいしくて体にやさしいおやつレシピを考案していただきました。

いつもご愛用頂いているセノビル製品を、一味違ったアレンジでお楽しみください。

 

DR.SENOBIRUを使ったおやつレシピ

グルテンフリーDR.SENOBIRUパウンドケーキ

グルテンフリーDR.SENOBIRUクッキー

 

こどもバナナ青汁を使ったおやつレシピ

こどもバナナ青汁マフィン

こどもバナナ青汁☆クッキー

片山さんプロフィール

片山みか(かたやま・みか)

オーガニック素材を使ったロースイーツ&グルテンフリー焼き菓子の製造販売を行う「MOR Happiness(モアハピネス)」代表。

 

ブライダルフラワー装飾に長年携わり多忙な日々を送る中、自身の身体を見直すこととなりピラティスインストラクター/ボディ&フェイシャル・セラピストに転職。

身体を動かす事の大切さを伝えていくうちに、生きる基本となる「食」に興味を持ち学び「ローフード/ロースイーツ」に出会う。

 食生活の変化による大きな心身のコンディションの変化というギフトをより多くの人に伝えていくために、友人と共にオーガニック食材店「Trueberry」を立ち上げる。

その後、ロースイーツの製造販売部門を独立させ、MOR Happiness(モアハピネス)を設立。オーガニック素材を使った添加物・乳製品・卵を使用せず、アレルギーのある方にも安心して食べてもらえる製品作りに取り組み、幼稚園や保育園へのアレルゲンフリーおやつの提供なども手掛けている。

PAGETOP