MENUCLOSE

ニュースNEWS

       

【ハンドボール】石原直弥選手のインタビューを公開しました

「強いハンドボール選手に」アスリートの自覚を持ち、成長し続ける

 

 

8JHLジュニアリーグ 西ブロックで優勝を収めるなど、今後の活躍が期待されているジュニアハンドボーラー・石原直弥ちかや選手。この春からは中学生になり、NTS(ナショナルトレーニングシステム)U13にも選出された直弥選手に、普段の練習方法やアスリートとしての意識の持ち方、今後の目標などについてインタビューしました。直弥君を日々見守っているお母様にもお話をお伺いしています。

 


 

シュートが決まった時の快感が、ハンドボールの道へ進ませた

 

 

ーー直弥選手がハンドボールを始めたきっかけについて教えてください。

 

直弥選手:小学校3年の時に「琉球コラソンジュニア」に所属していた友達から誘われたのがきっかけでした。体験入部したその日に練習試合があって、僕も出してもらうことになったんですけど、いきなりシュートを決めることができてすごく気持ちが良かった。その快感にハマってしまいました。

 

 

ーー他の競技にはない、ハンドボールの楽しさや魅力はどこにあると思いますか?

 

直弥選手:ハンドボールは「飛ぶ」のが魅力。ひとつの動作が大きくて、シュートする姿はすごく美しくて迫力があります。また、チーム競技なので、ミスをしても周りの仲間と励ましあってプレーできる。メンバーとうまく連携して試合に勝てるのが、一番の魅力だと思います。

 

 

 

ーー所属しているチームについて教えてください。

 

直弥選手:この春まで、琉球コラソンジュニアに所属していました。中学へ上がった現在は、学校のハンドボール部に所属しています。

 

僕が住んでいる沖縄県浦添市はハンドボールが盛んで、中学校のクラブもレベルが高いんです。琉球コラソンジュニアのメンバーは、ハンドボールに対する意識が高く、みんなが一丸となって試合に勝つために頑張っている姿が、僕は大好きでした。中学でも、琉球コラソンジュニアで学んだことを伝えていきたいです。

 

 

ーー現在はどのポジションですか? またチーム内での役割も教えてください。

 

直弥選手RW(右サイドと、RB(45)を主にやっています。陸上をやっていたこともあり、足の速さには自信があるので、速攻とオフェンスでの素早い動きが求められていると思っています。

 


 

アスリートとしての自覚を持ち、毎日を大切に

 

 

ーー普段はどのくらいの時間練習をされていますか。また、家でも何かトレーニングをされていますか?

 

直弥選手:部活の日々のメニューとしては、最初に軽くジョギングとストレッチをした後に、2リットルのペットボトルを持ってステップや全力ダッシュをします。その後、ボールを使ってシュート練習やフォーメーション確認をしています。

平日はだいたい2時間半、週末は3時間半くらい練習をしています。家に帰ってからは筋肉をあまり使わないようにしているので、柔軟やストレッチをするくらいです。

 

 

ーーアスリートとして普段気をつけていることはありますか? また、食生活で意識していることなどもあれば教えてください。

 

直弥選手:いつでも礼儀を大切に、アスリートとしての意識を高く持つことを心がけています。食生活の面では甘いものは控えて、毎日朝食前と帰宅してご飯を食べる前、練習前にDR.SENOBIRUを飲んでいます。

 

 

ーー毎日欠かさず飲んでいるというDR.SENOBIRUはどれくらいの期間飲まれていますか。また、飲み始めてから変化は感じましたか?

 

直弥選手2018年の12月から約9か月飲み続けています。母には朝起きられるようになっていると言われます。父には身長が伸びたと言われるんですが、実際に飲み始めた頃と比べると8㎝ぐらい身長が伸びました。

 

DR.SENOBIRUはおいしくてとても飲みやすいし、水で溶くだけで簡単に飲めるので続けられています。僕はパイン味が大好きで、甘いものが欲しくなった時にも飲んでいます。

 


 

試合や練習を積み重ねて、将来は世界で活躍できる選手に

 

 

ーー3月のJHLジュニアリーグ日本一決定戦はいかがでしたか?

 

直弥選手:一昨年の男子チームが準優勝をしていたので、次は自分たちが日本一をとりたかったんですが、果たせませんでした。自分自身も思うようなプレーができず、悔しかったです。この経験を次に生かすために、緊張せずいいプレーをすることだけをイメージして、試合に入れるようになりたいです。

 

 

 

ーーNTS(ナショナルトレーニングシステム)にも選出されましたが、トレーニングに参加してみてどうでしたか?

 

直弥選手:実際に参加してみると、全国から選ばれた選手はみんな体が強いことに一番驚きました。試合中に少し押されたぐらいでは全然倒れないでいいシュートができていて、レベルが高いなと感じました。僕も負けないように成長したいと思っています。

 

 

ーー今までに出場した中で、印象に残っている大会を教えてください。

 

直弥選手:8月31日にあった「第14回八重瀬町長杯争奪中学校ハンドボール大会」です。決勝で敗れましたが、自分としては逆速攻でシュートを決めることができてチームも盛り上がったのですごくうれしかった。そのシュートが、今までプレーした中で一番カッコよく決められたと思うので、印象に残っています。

 

 

ーー目標としている選手はいますか?

 

直弥選手:同じ浦添市出身の東江雄斗選手(大同特殊鋼フェニックス)です。一度お会いしたことがあって実際にプレーしている姿も見たんですけど、大きくてカッコよかった! ジャンプ力も速攻の速さも、本当に凄いなって感動しました。僕もあんなプレーができるようになりたいです。

 

 

ーー今の目標や将来の夢を教えてください。

 

直弥選手:来年8月の県大会でベスト4以上に入ることを目指しています。自分自身の課題は、シュート体勢に入った時にぶつかられても、倒れないで確実にシュートを決めること。体幹を鍛えるなど、日々の練習を積み重ねていきます。

 

そして将来は日本代表に選ばれて世界で活躍できる選手になりたいです。だから、今やるべき練習をひとつひとつ大切にして頑張っていきたいと思っています。できれば、ドイツやデンマークなど、海外チームでプレーしてみたいです。

 


 

スポーツから学びを得て、しっかりした大人に成長してほしい

 

 

ーーお母様にお伺いします。直弥君の現在のご活躍をどのように感じていらっしゃいますか?

 

お母様:指導者の方の教えを守って、プロ選手のプレーなどを研究して、自分で勉強して頑張っている姿を感心して見ています。でも、これで満足することなく、どんどんレベルアップしていってほしいですね。

 

 

ーーハンドボールに打ち込む直弥君に対して、どのように接し、フォローされていますか?

 

お母様:話を聞いてほしいという時は聞いて、食事の面や練習試合のサポートなど、できるところはフォローするようにはしています。でも、直弥は自分でなんでも考えてやるほうなので、あまり口を出す機会はないかなと思います。

 

 

ーー今後、直弥君にはどのような大人に育ってほしいですか?

 

お母様:素直でまわりからも愛される、思いやりのある大人に成長してくれればいいなと思っています。また、礼儀など社会人になっても必要なことを、スポーツを通してしっかり学んでほしいと思っています。「礼儀ができていないと、メンタルの強い選手にもなれないよ」と声掛けはするようにしています。

 

 

ーーハンドボールをされているお子さまの親御さんへ、アドバイスはありますか。

 

お母様:私はあまりハンドボールのことを知らなかったんですが、シュートを決めて喜ぶ子供たちを見ていると、親である自分たちも頑張ってあげなくてはと思えるようになりました。子供と一緒に感動して、親自身も楽しんで成長していくのが一番なのではないでしょうか。

 

 

ーーお母さまから見て、直弥君がDR.SENOBIRUを飲み始めてから感じた変化はありますか?

 

お母様:毎日の食事の合間や、喉が渇いた時にDR.SENOBIRUを飲むように声をかけています。一番の変化は、寝起きが良くなったことでしょうか。朝が弱くて何度も起こしていたのが、声をかけなくても起きられるようになっている。疲れが残らなくなっているのかもしれませんね。

 

 

ーーDR.SENOBIRUのような成長期サプリメントに対して、どのようなお考えをお持ちでしょうか?

 

お母様:毎日の食事ではどうしても補えないことがあるので、すごく頼りになると思っています。DR.SENOBIRUは、味もおいしくて飲みやすいみたいで、自分から進んで飲んでくれるのもいいですね。

他のサプリメントも試したことがあるんですけど、飲みにくいと言って結局続かなかった。無理なく、本人が喜んで飲み続けられるのであれば、積極的に摂っていいのではないかと考えています。

 

 


 

取材後記

アスリートとしての自覚をしっかり持ち、練習も日々の生活も、自ら考えて行動している直弥選手。インタビュー中に何度も「仲間がいるから頑張れる。ハンドボールが大好き」ということを話していたのが印象的でした。芯にあるその気持ちこそが、彼の今後の成長にもつながっていくのだと思います。

 

また、お母さまはじめご家族が良い距離感で大らかに見守っていらっしゃるのも、直弥君が素直に、そして真摯にハンドボールに取り組める環境を生み出しているのかもしれません。

 

プロフィール

石原直弥いしはら・ちかや

20061013日、沖縄県出身。小学校3年生からハンドボールを始め、小学校時代は「琉球コラソンジュニア」に所属。第8JHLジュニアリーグ西ブロックにおいて優勝を収め、今後の活躍が期待されている。

 

【関連リンク】

 

石原 直弥選手丨チームセノビル

https://senobiru.com/sponsor/team-senobiru/chikaya-ishihara/

 

PAGETOP