MENUCLOSE

ニュースNEWS

       

【ウェイクボード】チームセノビルに最年少プロウェイクボーダーの岸田ひなの選手が加入しました

 

トップジュニアアスリートの夢の実現を応援するプログラム「チームセノビル」の新メンバーに、最年少プロウェイクボーダーの岸田ひなの選手(13)が加入いたしました。

 


 

ウェイクボードとは、船などで人工的に引き波を起こして、船に繋がっているラインと呼ばれるロープを掴みながら波に乗り続ける水上スキーに似た競技で、船が起こす波に乗ることで、様々なアクションを起こせるマリンスポーツです。

 

 

岸田選手は、お兄さんの影響で4年前にウェイクボードを始め、1年ほどでJWBA(一般社団法人 日本ウェイクボード協会)が主催する年齢制限のないアマチュアの大会ツアーに大人に混じって出場。5試合中1試合で優勝、2試合で準優勝を決め、年間総合成績で2位に入賞したことでプロ資格の条件となる3位以内の入賞を決め、ウェイクボードを始めてから1年で最年少・最短でプロ資格を取得されました。

 

 

最年少プロウェイクボーダーとしてメディアでも紹介され、自身でもYouTube公式チャンネルやSNSなどで積極的に練習風景の動画を発信されており、将来世界大会での活躍が期待されるジュニアアスリートのひとりです。

 

 

SENOBIRUでは、岸田選手のこれからの活動をサポートして参ります!

 

【関連リンク】

岸田 ひなの 選手|チームセノビル

https://senobiru.com/sponsor/team-senobiru/hinano-kishida/

 

岸田ひなの公式ウェブサイト

https://hinanowake.net/

PAGETOP