MENUCLOSE

ニュースNEWS

       

【バドミントン】永渕友梨華選手が「北アルプスバドミントンオープン」にて優勝!

左・永渕妃香選手(友梨華選手の姉) 右・永渕友梨華選手

 

7月13日(土)~7月15日(祝)の3日間、長野県大町市にある大町市運動公園総合体育館で開催された「北アルプスオープンバドミントン2019」において、チームセノビルメンバーの永渕友梨華選手が「女子ダブルス U15」に出場し優勝いたしました。

 

同大会は、現在プロバドミントン選手として活躍しているリオ五輪銅メダリスト・奥原希望選手の出身地である長野県大町市が中心となって開催しているジュニアバドミントンの国際大会で、「U9」「U12」「U15」の年齢別で男女シングルス、男女ダブルスがそれぞれ行われました(ダブルスはU12、U15のみ)。

 

永渕友梨華選手は現在小学5年生ながら、バドミントンの「ジュニアナショナル(U13)」(ジュニア日本代表)のメンバーにも選ばれる程の実力派選手。

今回は姉の妃香選手(中3)とのペアでU15のクラスに出場し、国内外のトップレベルの選手を相手に競り勝ち見事優勝を果たしました!おめでとうございます!

 

※「U〇〇」は何歳以下が参加するクラスであるかを示します。「U15」→15歳以下となります。

 

 

 

また、本大会では弊社代表の千明・副代表の岩中がチームセノビルメンバーの応援に駆け付け、「Dr.Senobiru」の試飲ブースを出展させて頂きました!

 

この投稿をInstagramで見る

セノビル【公式】さん(@senobiru)がシェアした投稿

 

永渕選手、また今回出場され惜しくも上位入賞を逃された原口倖歩選手・谷門優真選手も、次の目標に向けて頑張ってください!Senobiruでは引き続きチームセノビルメンバーの活動をサポートして参ります!

 

 

PAGETOP