MENUCLOSE

ニュースNEWS

       

DR.SENOBIRU(ドクターセノビル)を使ったおやつレシピ『セノビルカステラ』

吉祥寺にあるロースイーツ・グルテンフリーの焼き菓子専門店「MOR Happiness(モアハピネス)」を運営されている片山みかさんが考案される、セノビル製品を使ったおいしく体にもやさしいおやつレシピ。

 

今回は、DR.SENOBIRU(ドクターセノビル)のグレープフルーツ味を使って作るカステラのレシピをご紹介いたします。

ご紹介するレシピは、乳製品・卵・白砂糖・小麦粉を使わずに作るため、アレルギーをお持ちの方や妊婦の方、授乳中のお母様やお子さまも安心してお召し上がり頂けます。

また、低糖質で急激に血糖値を上げないスイーツは、ダイエットや健康に気を付けて糖質を抑えたいという方にもおすすめです。是非お試しください。

 


 

『セノビルカステラ』

 

 

ドクターセノビルを使ったひと口サイズのカステラです。

 

【材料】

 

 

(A)

  • 製菓用米粉 100g
  • ひよこ豆粉 15g
  • アーモンドパウダー 10g
  • タピオカ粉 15g
  • アルミ不使用ベーキングパウダー 5g

 

(B)

  • ココナッツオイル 30ml
  • ココナッツミルク 50g
  • メープルシロップ 50g
  • DR.SENOBIRU グレープフルーツ味 2包

 

【作り方】

 

1.オーブンを160度の予熱にセットする。

 

2.(A)をボウルに入れ混ぜる。

 

 

3.(B)を別のボウルに入れ、泡立て器でしっかり混ぜて乳化させる。 ココナッツオイルが固まっている時は、あらかじめ湯煎して溶かしておく。

 

4.(A)のボウルに(B)を入れて、ダマがなくなるようにしっかり手早く混ぜる。

 

 

5.カステラの型に流し入れて、軽くトントンと型を叩いて空気抜きをする。

 

 

6.オーブンに入れ、160度で20~23分焼く。焼き上がったら竹串を刺して、カステラの生地が竹串に付かないことを確認してください。

 

7.粗熱が取れたら、型から取り出して冷ます。

 

 

☆オーブンによっては焦げやすいので、焼き時間を少なめにしたり、アルミホイルをかけるなどして焼き加減を調整してください。
☆甘さが足りないと感じた時は、メープルシロップを増やして甘さを調整してみてください。

☆冷凍で1ヶ月ほど保存ができます。

 

 

血糖値を急激に上げないことには、どんなメリットがあるの?

 

血糖値とは血液の中にあるブドウ糖の濃度を指します。ブドウ糖を摂取すると一時的に血糖値が上昇します。

血糖値は上昇後、体内で分泌されるインスリンの作用によって正常な値まで戻りますが、

何らかの理由でインスリンがうまく機能しないと、血糖値が高いままの状態になってしまい、

糖尿病や動脈硬化といった生活習慣病を引き起こす原因となってしまいます。

血糖値の急激な上昇を抑えることは、肥満や生活習慣病の予防に効果があるといわれています。

 


 

~レシピ作者プロフィール~

片山みかさん

オーガニック素材を使ったロースイーツ&グルテンフリー焼き菓子の製造販売を行う「MOR Happiness(モアハピネス)」代表。

ブライダルフラワー装飾に長年携わり多忙な日々を送る中、自身の身体を見直すこととなりピラティスインストラクター/ボディ&フェイシャル・セラピストに転職。

身体を動かす事の大切さを伝えていくうちに、生きる基本となる「食」に興味を持ち学び「ローフード/ロースイーツ」に出会う。

 食生活の変化により大きな心身のコンディションの変化というギフトをより多くの人に伝えていくために、友人と共にオーガニック食材店「Trueberry」を立ち上げる。

その後、ロースイーツの製造販売部門を独立させ、MOR Happiness(モアハピネス)を設立。オーガニック素材を使った添加物・乳製品・卵を使用せず、アレルギーのある方にも安心して食べてもらえる製品作りに取り組み、幼稚園や保育園へのアレルゲンフリーおやつの提供なども手掛けている。

 

PAGETOP